World Map Russia に関連する記事の一覧

Our World through Music~
甘い音と巡る世界の響き~Vol.31

複数の顔を持つ男 今回は、日本にも縁が深い作曲家をご紹介します。セルゲイ・プロコフィエフ。ロシア革命から大戦を経験したロシアの作曲家でその音楽は不思議と日本人にも馴染み深いものです。動画を交えてお楽しみください。 プロコフ[…]

See More

Our World through Music~
甘い音と巡る世界の響き~Vol.26

洗練された感性、そして真逆の生き方 梅雨真っ盛り、湿度と鬱陶しい雨。こんな時期に気分だけでもさっぱりできそうな音楽をご紹介します。今回の作曲家はフランスのドビュッシー。繊細で軽やかなピアノ曲は耳馴染みがあるものばかりです。彼もまた芸[…]

See More

Our World through Music~
甘い音と巡る世界の響き~Vol.24

歴史を超えたコラボレーション 新型コロナウィルスの影響が大きくなってきた昨今ですが、これをお読みの皆さまはお元気でお過ごしでしょうか。今まで、主に一人の作曲家について取り上げてきたこの連載ですが、今回は趣向を変えてお伝えしたい[…]

See More

Our World through Music~
甘い音と巡る世界の響き~Vol.19

神経衰弱から華麗なステージプレイヤーへ 今月は、ロシアの音楽家をご紹介します。 セルゲイ・ラフマニノフ。現代にも通じる新しい試みと悩みも経験した人でした。 その人生には、私たちが共感できるところもあるかもしれません。今回は[…]

See More

Our World through Music~
甘い音と巡る世界の響き~Vol.16

時代も国も越えた、強烈なスピンオフ「クロイツェル・ソナタ」 今回は、一人の作曲家というより、時代も国も越えて芸術家たちに創作意欲を湧かせた「ある作品」についてです。その作品は、以前ご紹介したベートーヴェンによるもの。強烈な印象を持っ[…]

See More

Our World through Music
~甘い音と巡る世界の響き~Vol.5

広大な大地と極限の寒さで育つ音楽 今回は、ロシアの大作曲家ピーター・イリッヒ・チャイコフスキーについて、そして弦楽器で演奏できる彼の代表的作品「アンダンテ・カンタービレ」についてお伝えします。 チャイコフスキーと言えば、バレ[…]

See More

東方正教会 ― 知られざるキリスト教文化圏
Ⅶ おわりに ― 日本における正教会

これまで、正教会が地域の歴史文化や民族的アイデンティティに関わってきた実例として、一般の日本人があまり知らない正教文化圏の国の中からセルビアとジョージアを取り上げ、具体的にご紹介してきました。今回、日本国内の正教会をご紹介して、この連[…]

See More

東方正教会 ― 知られざるキリスト教文化圏
Ⅵ 正教会と歴史を訪ねる旅 ― 2. ジョージア⑥

今月は教会などの話題を離れてジョージアのワインについてご紹介しましょう。 ジョージアのあるコーカサス地方は「8000年の歴史のあるワイン発祥の地」として広く認識されています。現代でも行われているジョージアの伝統的なワイン製法は、クヴ[…]

See More

東方正教会 ― 知られざるキリスト教文化圏
Ⅵ 正教会と歴史を訪ねる旅 ― 2. ジョージア⑤

これまでジョージアの中心的な都市をご紹介してきましたが、今回は地方の歴史遺産を二か所ご紹介しましょう。 その一つは南部のトルコ国境近くのヴァルジアの洞窟都市です(写真1)。これは12世紀後半に国王ギオルギ三世が、ペルシャの侵略[…]

See More

Our World through Music
~甘い音と巡る世界の響き~Vol.1

世界の歴史と文化の一部であるクラシック音楽 皆さん初めまして。 私はヴァイオリニストで、クラシック音楽の演奏と指導を専門としています。主に首都圏で活動を行っています。 皆さんは、クラシック音楽に対してどのようなイメージをお[…]

See More