World Map World Map に関連する記事の一覧

Our World through Music~
甘い音と巡る世界の響き~Vol.23

バッハをこの世に知らしめた天才芸術家、メンデルスゾーン 新型コロナウィルスの影響が大きくなってきていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。今回は、美しい旋律と明るい色調とで日本でも人気を誇る作曲家をご紹介します。ヤーコプ・ルードヴ[…]

See More

Our World through Music~
甘い音と巡る世界の響き~Vol.22

ピアニストの中のピアニスト 今回は、彼以上にピアニスティックな人はいないと言えるであろうフレデリック・ショパンについてお伝えします。ヴァイオリニストから見たピアニストとは。 ショパンは、1809年(1810年という説もあ[…]

See More

Our World through Music~
甘い音と巡る世界の響き~Vol.21

音楽を超え、文学にまで愛されたヴァイオリニスト 今回はスペインの作曲家、ヴァイオリニストについてご紹介します。パブロ・デ・サラサーテ(1844~1908)。数多くの作曲家たちに作品を献呈され、本人も歴史的な名曲を残した素晴らしいヴァ[…]

See More

Our World through Music~
甘い音と巡る世界の響き~Vol.20

女神を妻にした男 2019年も残りわずかとなり、この記事が公開される30日頃は年越しの準備で街中慌ただしくなっていることでしょう。本年最後に登場する作曲家は、チェコ生まれのユダヤ人、グスタフ・マーラー。いわゆる年末の風物詩である第九[…]

See More

Our World through Music~
甘い音と巡る世界の響き~Vol.19

神経衰弱から華麗なステージプレイヤーへ 今月は、ロシアの音楽家をご紹介します。 セルゲイ・ラフマニノフ。現代にも通じる新しい試みと悩みも経験した人でした。 その人生には、私たちが共感できるところもあるかもしれません。今回は[…]

See More

Our World through Music~
甘い音と巡る世界の響き~Vol.18

「スペインのショパン」エンリケ・グラナドス 今回は、一般的にはあまり知られていない作曲家のことをご紹介します。エンリケ・グラナドス(1867-1916)。「スペインのショパン」と呼ばれたこの人は、第一次世界大戦中に惜しくも亡[…]

See More

南アフリカの多様性が凝縮された、南アフリカで聴く虹色の歌声 ケープタウン・ジャズ・フェスティバル

本文は下記リンク(アジアプレス・ネットワーク)からご覧いただけます。 南アフリカの多様性が凝縮された、南アフリカで聴く虹色の歌声 ケープタウン・ジャズ・フェスティバル<ひと握りのアフリカ -10> フリーコンサ[…]

See More

南アフリカで聴く虹色の歌声 ケープタウン最古のタウンシップ・ランガ

本文は下記リンク(アジアプレス・ネットワーク)からご覧いただけます。 南アフリカで聴く虹色の歌声 ケープタウン最古のタウンシップ・ランガ<ひと握りのアフリカ –9> 裁縫コースで製作したベッドカバー。写真左は西[…]

See More

南アフリカで聴く虹色の歌声 新進気鋭のタウンシップ・カエリチャ

本文は下記リンク(アジアプレス・ネットワーク)からご覧いただけます。 南アフリカで聴く虹色の歌声 新進気鋭のタウンシップ・カエリチャ<ひと握りのアフリカ –8> Lungi’s B&Bの居室。塵ひとつ落ちていな[…]

See More

南アフリカで聴く虹色の歌声 タウンシップで呑んだ夜

本文は下記リンク(アジアプレス・ネットワーク)からご覧いただけます。 南アフリカで聴く虹色の歌声 タウンシップで呑んだ夜<ひと握りのアフリカ -7> コパノンB&Bのムパ。優しい人だった。(カエリチャ・南アフリ[…]

See More