World Map Asia に関連する記事の一覧

カリダス 第7話
<アルバイト初日>

留学生生活を過ごしながら、アルバイトをすることになったカリダスは本当に嬉しそうだった。初アルバイトだったからだろう。次の日もいつも通り朝早く起きて、朝ごはんを食べ、学校に向かった。予定通り学校に着いて席に座ろうとしたところ、ある人が近[…]

See More

GROOVY LIFE in KYRGYZ! ~キルギスで人生をグルーヴ~ Vol.1

ご挨拶 Здравствуйте(こんにちは)!キルギス愛に溢れる男、長谷川貴司です。といいながら挨拶がキルギス語ではなくロシア語なのはあまり気にしないでください(笑)。このキルギスへの熱い想いを伝えることで、キルギスや、中央アジア[…]

See More

Relationship ― ミャンマーと日本の『時間軸』を辿る ~ミャンマーとの友好関係の構築・・・ビルマ戦後復興編その3

ビルマ・ミャンマーと東京銀行 本年の5月に、国内メガバンクである「三菱東京UFJ銀行」の商号が、来年4月より「三菱UFJ銀行」になるとの報道がありました。 写真1:旧東京銀行本社ビル 個人的に「東京」の商号がなくな[…]

See More

東ティモール基本情報

民族・言語・宗教 住民はメラネシア人が大部分で、その他華僑(客家)、印僑(インド系移民)、ハーフカスト(ポルトガル人とメラネシア人の混血)、ごく少数のカーボベルデなどアフリカ系の移民などが存在する。 東ティモールには15の主要[…]

See More

カリダス 第6話
<印象的なシーン>

カリダスは次の日も、いつも通り学校に行った。昨晩経験したことを友達や先生にシェアしたところ、多くのアドバイスをもらった。やはり、日本は島国であるため外国人に慣れていない、人を信用するには時間がかかるなどとアドバイスをもらい、納得し[…]

See More

Relationship ― ミャンマーと日本の『時間軸』を辿る ~ミャンマーとの友好関係の構築・・・ビルマ戦後復興編その2

日緬関係波高シ 1954年11月5日、ビルマとの「平和条約」そして「経済協力協定」の調印にこぎ着け、ビルマとの戦後賠償交渉に進むこととなった日本ですが、交渉は難航に次ぐ難航でした。その平和条約交渉の妥結に向けた当時の動きをまず[…]

See More

カリダス 第5話
<日本の学園ドラマとの出会い>

お昼過ぎに授業が終わり、日本語学校を出た。エレベーターを使う学生も居れば、エレベーターを使わず階段を走る学生も居た。若さって不思議。お金以外は全て有る、例えば時間が有る、そしてどんな事にでも挑戦してみたくなる気持ちが有る、全てが可[…]

See More

海外就職経験者が見たシンガポール
~暮らす、働く、起業する~Vol.5

写真:シンガポールのオフィス街の風景 これまでに、経済発展を遂げた背景について、またそのためにシンガポール政府が行った国策についてお伝えしてきました。まずは、自国の不利を補うため外国人を招き入れることを決め、国の経済発展に欠かせ[…]

See More

Relationship ― ミャンマーと日本の『時間軸』を辿る ~ミャンマーとの友好関係の構築・・・ビルマ戦後復興編

国内情勢~戦後民族衝突の発端 1948年1月8日、ビルマが「ビルマ連邦共和国」として完全独立を宣言し、自立した国家としてその一歩を踏み出していたころ、敗戦国である日本は連合国軍総司令部(GHQ)の占領政策によって国家の主権を停止する[…]

See More

海外就職経験者が見たシンガポール
~暮らす、働く、起業する~Vol.4

写真:メイドたちの休日・シンガポール・パヤレバにて これまでのコラムでは、シンガポールで外国人が起業をすることに焦点を当てて、多民族国家であること、インフラの基盤である交通事情が整備されていること、英語の実情を綴ってきました。今[…]

See More