World Map Americas

コロンビア基本情報

<民族・言語・宗教>
メスティーソ(先住民とスペイン人の混血)75%、ヨーロッパ系20%、アフリカ系4%、インディヘナ(先住民)ほか1%。 南米で最も混血の割合が高い国である。白人、メスティーソが温帯気候のアンデス地域に集中しているのに対し、 アフリカ系は沿岸部の低地に多く居住している。

コロンビアでは80以上の言語が話されており、50万人が先住民の言葉を今も話しているが、公用語はスペイン語である。

人口の95%以上がキリスト教徒でその内カトリックが90%。 約1%がインディヘナの伝統宗教であり、ユダヤ教、イスラム教、ヒンドゥー教、仏教はそれぞれ1%以下となる。

<地理・気候>
コロンビアは、熱帯のビーチや鬱蒼とした熱帯雨林から雪冠の頂を持つアンディーン山や肥沃なコーヒープランテーションまで多様で壮観な景色に恵まれている。
自然区分は、①アンデス地域、②カリブ海岸低地地方、③太平洋低地、東部の④オリノコ地域、⑤アマゾン地域、⑥島嶼の六地域に分かれる。

西部は国土の1/3を占め、人口の大部分はこの西部に居住している。国土が広い割には人間がまとまって住んでいる地域は西部のアンデス地方や沿岸部に限られる。

コロンビアは赤道上に位置し、そのため季節の変化はない。基本的には熱帯性の気候だが、気候はアンデス山脈の高度によって変わる。 カリブ海沿いから国北部にかけては1年を通して平均28度の爽やかな気候。南部方面のボゴダ、アンデスへ登ると肌寒く平均で12度ぐらい。

<政治・外交・軍事>
大統領を元首とする共和制国家。行政権は大統領によって行使される。大統領は直接選挙で選ばれ、任期は4年。連続一度まで再選可。 議会は二院制(上院102、下院166議席、任期4年)。現行憲法は1991年憲法である。

1958年に軍事政権が倒れ、以後、基本的に二大政党(保守党・自由党)による政治体制が継続してきた。 他方、コロンビアには、コロンビア革命軍(FARC、約8,000人)及び国民解放軍(ELN、約1,800人)等の非合法武装勢力が存在し、40年以上に亘り、 政治目的のテロや資金調達のための誘拐等を行っている。 その活動資金は麻薬取引等を通して調達されており、治安に対する脅威が依然として存在している。 このため、かかる非合法武装勢力の解体と右の平和的な社会復帰が歴代政権の主要懸案事項である。

歴代政権は米国との協調を優先しつつ、近隣アンデス諸国、メルコスール諸国及びEU諸国との友好関係を維持、 さらに日本を始めとするアジア・太平洋諸国との交流強化を外交政策の基本方針としている。

コロンビア軍は陸・海・空の3軍からなる。1960年代から本格化し40年以上続くゲリラ(コロンビア革命軍および国民解放軍)との内戦のために特に陸軍の規模が大きく、アメリカ合衆国からの潤沢な軍事援助を受けている。

<経済>
アンデス共同体の加盟国、メルコスールの準加盟国であり、南米共同体の加盟国でもある。 コロンビアの経済は、繰り返される内戦という政治の不安定さとは裏腹に、20世紀に入ってからはラテンアメリカ諸国の中でも最も安定した成長を続けた。 「ラテンアメリカの失われた10年」である1980年代にも他の南米諸国が苦境に喘ぐのとは対照的に、ハイパー・インフレやマイナス成長を記録したことはなかった 。

Facebook、Google、マイクロソフトなどが相次いで進出し、2007~12年に同国のIT産業は177%成長し68億ドル規模となった。

コーヒーは20世紀を通して外貨の稼ぎ頭であり長いあいだコーヒーの産出量は世界で2番目であったが、21世紀になり2位の座をベトナムに明け渡している。

コロンビアは1991年憲法によりすべての地下資源を国家が所有している。石炭、石油、天然ガスを産し、全輸出額に占める原油と石炭の割合は30%に達する。

観光業は1940年代から開発され、主な観光地としてはボゴタ、カルタヘナ、サンタ・マルタ、メデジン、カリ、バランキージャ、サン・アンドレス諸島など。 カリブ海岸のカルタヘナはビーチ・リゾートとして有名である。

【まとめ】

  • 面積:1,139,000㎢(日本の約3倍)
  • 人口:47.7百万人(2012年世銀)
  • 首都:ボゴタ
  • 民族:混血75%、ヨーロッパ系20%、アフリカ系4%、先住民1%
  • 言語:スペイン語
  • 宗教:カトリック教
  • 政体:立憲共和制
  • 元首:フアン・マヌエル・サントス・カルデロン大統領
  • 国防予算:134億ドル(2014年)
  • 主要産業:農業(コーヒー、バナナ、さとうきび、じゃがいも、米、熱帯果実等)、鉱業(石油、石炭、金、エメラルド等)
  • 主要輸出品目:石油、コーヒー、石炭、フェロニッケル、バナナ、エメラルド、切り花
  • 主要輸入品目:化学品、自動車・同部品、機械、通信機器、食品
  • 主要貿易相手国(輸出):米国、EU、ベネズエラ、エクアドル、ペルー、メキシコ
  • 主要貿易相手国(輸入):米国、中国、メキシコ、ブラジル、ドイツ、日本

参考資料:

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)