World Map 歴史 タグがつけられた記事の一覧

Our World through Music~
甘い音と巡る世界の響き~Vol.14

巨匠から見ても難しい作曲家 パガニーニ 今回は、歴史的大ヴァイオリニストとして筆頭にあがる人物をご紹介します。ニコロ・パガニーニ。伝説的なエピソードを数多く持ち、映画にもなりました。演奏家、作曲家、またショービジネスにおいても[…]

See More

Relationship ― ミャンマーと日本の『時間軸』を辿る ~ミャンマーとの友好関係の構築・・・テイン・セイン政権期その3

ゴールデン・トライアングル テイン・セイン政権期から遡ることになりますが、皆さんの中にはミャンマー(ビルマ)というイメージの中に「麻薬」という言葉が思い浮かぶ方もいると思います。 写真1:ゴールデン・トライアングル […]

See More

Our World through Music~
甘い音と巡る世界の響き~Vol.13

全てを手に入れているが、愛情だけは満たされなかった作曲家 今回は、これまでも記事の中にその名が出てきた作曲家をご紹介します。 ヨハネス・ブラームス。1833年生まれ1897年没。音楽史ではロマン派と呼ばれる時代の大作曲家です。 […]

See More

Our World through Music~
甘い音と巡る世界の響き~Vol.12

兄のような師のような、ハイドン 前回、前々回とベートーヴェン、モーツァルトというクラシック古典派の巨人2人が続きましたので、今回は彼らの師でもあったヨゼフ・ハイドンについてご紹介しましょう。ベートーヴェンが固めたソナタ形式の祖を作っ[…]

See More

Relationship ― ミャンマーと日本の『時間軸』を辿る ~ミャンマーとの友好関係の構築・・・テイン・セイン政権期その2

もう一つの友好関係 これまで、民主化宣言後におけるミャンマーと日本との外交・経済といった友好関係の過程をお話しして来ましたが、もう一つ両国の友好を示す形についてもお話ししておきたいと思います。安全保障研究を行う私としては、ミャンマー[…]

See More

Our World through Music~
甘い音と巡る世界の響き~Vol.11

人間らしい人柄と洗練の極み、モーツァルト 今月は、前回ご紹介したベートーヴェンと同じ時代に活躍した天才作曲家ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトについてお伝えします。 ちょうど一か月ほど前の1月27日は、彼の生誕日でした。 […]

See More

Relationship ― ミャンマーと日本の『時間軸』を辿る ~ミャンマーとの友好関係の構築・・・テイン・セイン政権期

再開された日緬関係 テイン・セイン政権が世界の信用を得ながら徐々に再び国際社会の表舞台へと戻りつつあるとき、アメリカや欧州による経済制裁の一部緩和を機に、日本も動き始めます。 日本とミャンマーの関係は、これまで人道支援並びに[…]

See More

Our World through Music
~甘い音と巡る世界の響き~Vol.10

不滅の巨人 ベートーヴェン 新年初となる今回は、クラシック音楽史上最大の巨人とも言えるであろう、ドイツの作曲家、ルードヴィヒ・ファン・ベートーヴェンについてです。年末には彼の第9番目の交響曲「合唱付き」を聴かれた方もいらっしゃるので[…]

See More

Our World through Music
~甘い音と巡る世界の響き~Vol.9

西洋でも活躍した日本人音楽家 このコーナーの記事が公開されるのは毎月30日。今回は、もうお正月間近の年の瀬ですね。 間もなく年も明けようという、世の中が年越しの準備や年末進行で大わらわな時にこの音楽の記事をお読みになるのは、いった[…]

See More

Relationship ― ミャンマーと日本の『時間軸』を辿る ~ミャンマーとの友好関係の構築・・・ミャンマー民主化移行期その3

民主化宣言後のテイン・セイン政権とスー・チー氏 「民主化宣言」を行ったテイン・セイン政権時代、国内外はどのような状況であったのでしょうか。 軍事政権ナンバー4だったテイン・セイン大統領、そして野心満々だった当時ナンバー2のシュエ[…]

See More