World Map Europe に関連する記事の一覧

Our World through Music
~甘い音と巡る世界の響き~Vol.2

楽器も世界の歴史と文化を語っている 連載2回目の今回は、私の専門であるヴァイオリンについてお伝えします。 ヴァイオリンの歴史はおよそ400年ほど。その歴史から見えてくる世界のつながりと文化をご紹介しましょう。今回の舞台はイタリアが[…]

See More

東方正教会 ― 知られざるキリスト教文化圏
Ⅵ 正教会と歴史を訪ねる旅 ― 2. ジョージア⑤

これまでジョージアの中心的な都市をご紹介してきましたが、今回は地方の歴史遺産を二か所ご紹介しましょう。 その一つは南部のトルコ国境近くのヴァルジアの洞窟都市です(写真1)。これは12世紀後半に国王ギオルギ三世が、ペルシャの侵略[…]

See More

Our World through Music
~甘い音と巡る世界の響き~Vol.1

世界の歴史と文化の一部であるクラシック音楽 皆さん初めまして。 私はヴァイオリニストで、クラシック音楽の演奏と指導を専門としています。主に首都圏で活動を行っています。 皆さんは、クラシック音楽に対してどのようなイメージをお[…]

See More

東方正教会 ― 知られざるキリスト教文化圏
Ⅵ 正教会と歴史を訪ねる旅 ― 2. ジョージア④

今回はジョージアの西部の都市クタイシをご紹介しましょう。 かつてジョージアには、トビリシを首都とする東部のイベリア王国と西部のアブハジア王国の二つの国家が存在していましたが、10世紀にイベリアのグルゲン王子とアブハジアのグランドゥフ[…]

See More

東方正教会 ― 知られざるキリスト教文化圏
Ⅵ 正教会と歴史を訪ねる旅 ― 2. ジョージア③

ジョージアの首都トビリシは5世紀に都となった街であり、それ以前のイベリア王国(当時)の首都はムツヘタでした。ムツヘタは紀元前4世紀からある歴史ある街で、現在は街全体がユネスコの世界遺産に登録されています。ムツヘタはトビリシに隣接してい[…]

See More

東方正教会 ― 知られざるキリスト教文化圏
Ⅵ 正教会と歴史を訪ねる旅 ― 2. ジョージア②

ジョージアの首都トビリシは、国土を東西に横断しているムトゥクヴァリ川に沿った人口110万人の大都市です。古くからシルクロードの宿場であった歴史ある街で、5世紀にイベリア王国のワフタング・ゴルカサリ王が都に定めました(それまでの首都は隣[…]

See More

東方正教会 ― 知られざるキリスト教文化圏
Ⅵ 正教会と歴史を訪ねる旅 ― 2. ジョージア①

今月号からジョージアの歴史と教会をご紹介します。ジョージアは隣国のアルメニアに次いで、世界で二番目にキリスト教を国教に定めた国です。その意味においてジョージアはキリスト教という宗教のみならず、世界史上において注目すべき国なのです[…]

See More

東方正教会 ― 知られざるキリスト教文化圏
Ⅵ 正教会と歴史を訪ねる旅 ― 1.セルビア④

19世紀にセルビアがトルコから独立を果たしたことで、セルビア正教会の復興も進められました。それを示すものの一つが、ベオグラードのミロシュ1世の私邸「リュビツァ公妃邸」(一般公開されています)の斜め向かいに1840年に建てられた聖ミハイ[…]

See More

東方正教会 ― 知られざるキリスト教文化圏
Ⅵ 正教会と歴史を訪ねる旅 ― 1.セルビア③

前回で書きましたように、中世セルビア王国は1389年のコソボの戦いでオスマントルコに敗れ、ついに1459年に滅亡して、セルビアを含むバルカン半島のほぼ全域がトルコ領になりました。 400年近い時を経た1804年、ベオグラードから[…]

See More

スロヴァキア基本情報

民族・言語・宗教 スロヴァキアの民族構成は、スロヴァキア人80.7%、ハンガリー人8.5%、そのほかロマ、チェコ人、ルテニア人(ウクライナ系)、ドイツ人などがいる。 現在のような民族構成になったのは第二次世界大戦以降で、スロヴ[…]

See More